私の「引き寄せの法則」との出会い

みなさんは「引き寄せの法則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近は引き寄せの法則に関する書籍がたくさん販売されているので、耳にしたことがある人もいるかと思いますが、初めて聞く人は怪しいと感じるかもしれません。実際私も最初のリアクションは「怪しい。。。宗教?」でした。

そんな私が引き寄せの法則に出会ったのは一冊の本でした。数年前、久々に会う友人から突然「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン著/角川書店)というタイトルの本をプレゼントされたのです。世界中でベストセラーになるほど有名な本だったみたいですが、何も知らなかった私はブックデザインがあまりにも怪しげだったこともあり、冷やかし半分で本を読み始めました。

読んでみると、「思考が現実化する」といったどこかで聞いたことがあるような内容ではあったものの、とても興味深く、それから常に「引き寄せの法則」について考えるようになりました。というのも、ちょうどそのとき私は仕事や人生についていろいろ悩んでいて、そのタイミングでなぜ友人はいろんなプレゼントの候補がある中、この本を選んだんだろうと不思議に感じ(友人は私が悩んでいたことを全く知らない)、運命というかこの本との出会いも引き寄せの法則なのではないかと思ったのです。

正直なところ、この本だけでは引き寄せの法則について知るには情報が物足りなくて、それから他の本を読んだり、ネットで調べたりするうちに、どんどん興味がわいてきて本当に世の中は引き寄せの法則に成り立っているんだと感じるようになりました。この法則を知ることにより、物事の見え方が変わり、自然と自分の考え方も変わってきました。

次回は引き寄せの法則についてもう少し詳しく書こうと思います。


ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]

ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]

スポンサーリンク

Tags