アメリカで銀行口座を開くなら「Capital One 360」がおすすめ!

Capital One 360
日本は生活費、子供の学費、貯金など用途によっていろんな銀行の口座を持っている人も多いかと思います。アメリカの銀行は口座の種類にも寄りますが、Minimum Balance(ミニマム・バランス)といって、銀行口座に決められた残高がないと口座維持のための月々の手数料がかかります。

なので、メインバンクのように必要最低限以外の銀行口座を気軽に開けない人も多いと思いますが、そんな人におすすめなのが「Capital One 360」!名前にCapital Oneとあるので、Capital One銀行の口座だと思うかもしれませんが、元々は「ING Direct」というオンラインバンキングで、何年か前にCapital Oneに買収されました。

Capital One 360」の最大の特徴はMinimum Balanceがないこと、そしてForeign Transaction Feeがかからないということです。Minimum Balanceは先程説明したように口座維持費のことで、「Capital One 360」は決められた残高がないので、普段使っている銀行口座と分けて使いたい場合に便利です。そして、Foreign Transaction Feeとは外貨取引手数料のことで海外に行った時に銀行口座から現金を引き出す時にかかる手数料のこと。他の銀行口座だと1〜3%かかりますが、「Capital One 360」の場合はそのような手数料がかかりません。数パーセントでもバカにはできない金額ですし、安心していつでも現金を引き出すことができるので、海外によく行く人や、日本に頻繁に帰国する人は「Capital One 360」のATMカードが一枚あるととても便利です。この銀行の口座を持っていても損はないと思うので、この機会に新しく口座を開いてみては!

Capital One 360
https://home.capitalone360.com/

スポンサーリンク

Tags